ブログ 儲かる

好きなことをブログに書いて儲けるには

好きなことをブログに書いて儲ける方法としてはアフィリエイトになります。

 

主だったのは以下のものになります。

  1. googleアドセンス
  2. 楽天アフィリエイト
  3. ASPアフィリエイト

 

googleアドセンス

googleが広告主となります。
ブログにgoogleの広告を貼ってクリックをされれば利益になります。
商品を売る必要がないため、初心者向きと言われています。
高い売り上げを上げるためにはアクセス数が多くないといけません。

 

楽天アフィリエイト

こちらは楽天が広告主です。
アドセンスと違うのは商品を売らないといけないことです。
利益は低く1%ぐらいです。100万売っても手元に残るのは1万円ほどです。
ただし、クリックしたユーザーが30日以内に別の商品を購入しても売上になるのでこの部分はアドセンスに似ています。

 

ASPアフィリエイト

A8、アクセストレード、バリューコマースといったASPと言われる業者に登録をして広告を掲載することで報酬が貰えます。
楽天に比べて報酬は高く大きく稼ぎたい場合はASPアフィリエイトになります。

 

初心者におすすめするのは「1.アドセンス」になります。
商品を売る必要はないし、ブログを更新し続けることで10万ぐらいも可能となってます。

 

ある程度、ブログを作り上げれば更新を辞めても一気に報酬がゼロになることはありません。

 

無料ブログはおすすめしない

ブログを作成するとなった際にどのブログで作成するかということを決めないといけません。
まず、思いつくのはアメブロ・はてな・FC2といったところです。

 

無料ブログならお金を掛けなくても始めることができるし、実際に無料ブログでアフィリエイトをしている人もいます。
当サイトでは、無料ブログを使うのはおすすめしません。

 

無料ブログのメリット・デメリットについて書いてみます。

無料ブログのメリット
  • 無料で始めることができる
  • インデックスが速い(googleのデータベースに登録されること)
  • はてなブログなどドメインのチカラにより上位表示がしやすいケースがある

 

無料ブログのデメリット
  • 規約でアフィリエイトが認められていないブログがある
  • 突然、アカウントが規約違反で凍結されることがある
  • お金が掛かる
  • 運営側の都合でブログが廃止されるケースがある

 

無料ブログをおすすめしない大きな理由は、アカウント凍結とブログの廃止です。
無料ブログが使用できなくなれば、報酬は一気にゼロになります。

 

ですので無料ブログでブログを作成するのではなくドメインを取得してサーバーを借りてワードプレスで運営することをおすすめします。

 

アドセンスのアクセスと利益の関係

アドセンスで儲けるためには、クリック数を増やさないといけないのである程度のアクセス数が必要になってきます。

 

ですので、10記事や20記事ではほとんど稼ぐことはできません。
最低でも50記事ぐらいは必要になってきます。
自宅の副業ということで甘えていたらほとんど稼げないことになります。

 

アドセンスのページビューを報酬について参考値を書きます。
(ページビュー:参照されたページ数)

 

あくまで目安ですが、1000pvで250〜300円ぐらいと言われています。
1万円稼ごうと思えば、それなりのアクセスが必要であるということがわかるでしょう。

 

ブログで儲けるために大事なこと

ブログで儲けるためには、ブログで誰に何を伝えたいかを明確にすることです。

 

芸能人のブログではないので日々のちょっとしたことをブログに書いてもアクセスは集まりません。
何でもブログもいいかもしれませんが、しっかりとリサーチをして目的をもったブログにすることをおすすめします。

 

文字数は、やはり1000文字以上は必要です。
何か商品を購入して自分の感想を述べることをすれば大きなアドバンテージとなります。

 

あとは、少しずつでもいいので記事を書くことです。
記事を書くことでドメインパワーも強くなり少しずつアクセスが増えていきます。

 

アドセンスで稼ぐための方法はこちら

関連ページ

ブログで効率的に稼ぐための方法とは
ブログを書いて稼ぐにはgoogleアドセンスを貼ればいいのですが、何も考えずにブログが書くだけではあまり効率はよくありません。 ブログを書いて効率的に稼ぐための方法を説明します。
初心者が月10万稼ぐサイトアフィリエイトの教材とは?
アフィリエイトにもいろいろ種類があります。その中の1つがサイトアフィリエイトです。 サイトアフィリエイトで月に10万稼ぐための教材を紹介します。